リースでお得なオフィス|コピー機もリースでトクトク

故障の確認

悩める女性

今まで正常に動いていたコピー機が、突然止まったり異常が起きたりすることがあります。そのときに修理業者を呼ぶ事も出来ますが、その前にきちんと確認しておくことがあります。それはその故障内容です。もし紙がよく詰まるといったことが起きるのであれば、用紙がたくさん入っていたり、あるいは少なすぎたり、給紙ローラーがおかしくなっていたりということがあります。給紙はおおよそ半分ぐらいがいいとされているので、まずはその部分をチェックしましょう。また給紙ローラーが汚れていると紙が詰まりやすくなることもありますので、そこも確認してみます。そのどちらも確認して、何の異常も見られないのにコピー機が勝手に停止したり、紙が詰まったりしたら、そのとき初めて専門業者に依頼して修理を依頼すべきです。もしその確認をせずに呼んでしまうと、簡単な作業にも関わらず料金を支払うことになりますし、業者側も無駄足になってしまいます。

紙詰まり以外にもトラブルは起こりますが、業者に修理を依頼する前に、電話で相談をしてみましょう。そこで故障内容を説明すると、電話口で修理方法を教えてくれることがあります。言われた通りにしても改善が見られないなら、コピー機を直接見てもらいます。コピー機の修理にあたってもらうときには、その業者のこれまでの実績や技術力も把握しておく必要があります。業者によってきちんと認定試験に合格した人だけをスタッフとして派遣しているところもあるので、そういった部分も修理依頼の際には見ておきましょう。